私もお薦めします

糸井重里・祖父江慎 両氏の色紙

 

宮下祐史

宮下裕史(なんと大将と同姓同名)

1995年、東京生まれ。食エッセイスト。12歳のとき、
過程の食事が玄米食(菜食)になったため、肉を食
べたい一心で洋食屋通いを始める。
同じハンバーグでも店によって大きな違いがあること、
店ごとにさまざまな物語を持っていることを感じて以来、
新しい店、美味しいものとの出会いを求めつづけてきた。
1983年、ジャーナリスト見田盛夫氏とのレストランでの
偶然の出会いをきっかけに、フランス料理ガイドの
スタッフに。現在はイタリアン、中国、和食、酒とジャンル
を広げ、さらに飲食シーンをベースにしたフィクションを
手がけるなど、独自の世界を築いている。

糸力にて。

宮下祐史そば読本 ←著作本

←サイン